脇汗の豆知識記事一覧

やっかいな脇汗を何とかしようと、しっかりと洗っている人は多いと思いますが、間違った方法で行ってしまうことで、対策どころかトラブルを深刻にすることも。どういう場合に間違ったケアになってしまうのか知っておきましょう。ニオイの元がわからずに洗いすぎる間違い体を洗うと清潔になり、そして脇汗やニオイも無くなるだろうと考えがちですが、実はこれは間違いで、あまり洗うとかえってニオイの元になってしまいます。その理...

気になる脇汗は夏のシーズンだけではなくて、意外に冬にもたくさん出てくるもの。暑いわけじゃないのに、どうして?と思うかもしれませんが、冬は寒さのために、体が自ら震えたりと熱を出そうと働きかけます。その結果脇汗が出てしまうこともあるのです。冬の脇汗は夏の脇汗とは少々トラブルの質が異なりますから、わかって対策を立てましょう。冬の脇汗は臭いやすい冬の脇汗の特徴は、何と言っても臭いやすいということです。夏の...

脇汗からくるお悩みを解消するための脇汗対策グッズは実に色々で、それぞれいろんな角度から脇汗ケアを試みています。どんな種類の商品がどんなケアをしているのか、簡単にまとめてみました。シートタイプシートタイプの脇汗ケア商品は、かいた汗を吸収して拭き取るタイプです。これらは汗を吸収することによって汗ジミや蒸れを防ぐ役割があります。また、殺菌成分を含んでいるものもあり、雑菌から来るニオイを抑える効果が期待で...

肥っている人で汗かきは少なくないようですが、肥満は脇汗をかく原因のひとつです。ここで肥満と脇汗の関係性を見てみましょう。肥満体は汗をかきやすい肥っている人は痩せている人よりも比較的体温が高めです。また体重が多いので消費するエネルギーも多くなり、汗をかきやすくなります。汗は基本的に体温調節の機能がありますが、肥満体型だと皮下脂肪が厚くなり、日か脂肪が体熱を身体の外に逃すのを邪魔します。そのため体温が...

時として運動不足の人の脇汗が臭うことがあります。人は体温調節のために汗をかきますから、普通は新陳代謝が活発に行われて、汗をかきますし、暑い夏場はじっとしていても汗をかきます。汗は汗腺や毛穴に詰まった老廃物や不要な皮脂を流してくれますが、汗をあまりかかない人では老廃物や皮脂が流されないで貯まります。たまにする運動でかく汗はベタベタしている普段はしない運動をたまにして汗を流すと老廃物や不要な皮脂が汗で...

脇汗で衣服にシミがつくことがあり、この黄ばみや黒ずみはクリーニングに出せば楽ですが、頻繁にクリーニングに出すと費用が嵩みます。自分で洗濯してシミは落とせますから、脇汗シミを抜く洗濯方法をお教えします。重曹液に浸け込み洗いをする衣服の脇汗シミ抜きにはまずは重曹を使ってみましょう。重曹には研磨作用がありますから、ペースト状にしてこすり洗いをするか、あるいは重曹液の中で浸けこみ洗いをしましょう。弱アルカ...

汗は誰もがかく生理現象ですから、致し方がないことですが、できれば衣服に汗シミがつかないような工夫をしたいものです。そのためには脇汗パッドがあり、汗そのものを止めることはできませんが、汗を吸収することはできます。脇汗パッドは汗の臭いや黄ばみの原因になる雑菌の繁殖を防ぐので、快適な生活ができます。ここではいろいろな市販の脇汗パッドの種類を見ることにします。脇汗パッドの主流は使い捨てタイプ使い捨てタイプ...

脇汗はアポクリン汗腺から出るので、色と臭いがあり、特に汗で濡れる服装の色はどのような色が目立たないか、あるいは逆に目立つのかというのがここでのテーマです。では、脇汗が目立たちにくい服装の色と、目立ちやすい色について見ることにします。どうして脇汗が目立つのか服の繊維の表面には凹凸があり、光が反射していますが、汗水が染み込むと凹凸がなくなり、反射する光の量が少なくなり、色が濃く見えます。したがって、吸...