クリアネオ 成分から分析した効果

クリアネオは制汗や抑臭の効果が大変優れたデオドラントクリームとして、高い評価を受けているようですが、どのような成分が使われているのでしょうか。

 

殺菌効果の高い「イソプロピルメチルフェノール」

クリアネオの主な有効成分であるイソプロピルメチルフェノールは、その高い殺菌能力が認められている成分で広く利用されています。汗のニオイの元になるのは、皮膚の上に常在している細菌類で、これらが皮脂や汗をエサとして増殖した際に、嫌なニオイを発しています。

 

こうした原因菌をイソプロピルメチルフェノールは殺菌してくれますから、ニオイの元が減り、自然とニオイを抑えることができるのです。細菌は多くなるほど増殖スピードが上がりますから、少なくなるほどニオイのぶり返しも少なくなりますので、日々ケアを続けていくことで確実にニオイが抑制されていきます。

 

 

汗の量を抑える「パラフェノールスルホン酸亜鉛」

有効成分として使われているパラフェノールスルホン酸亜鉛も注目成分。この成分が私たちの汗腺に働きかけて、汗の量を抑えてくれるのです。汗に含まれるタンパク質を変形させ凝固物を作る作用があり、汗腺の出口をブロックします。

 

汗の量が減ると、汗によるシミがつかなくなって不潔な印象をもたれませんし、また汗を好んで増える雑菌類の繁殖を抑えてニオイを防ぐこともできます。

 

また、汗には体内からの老廃物が多く含まれていると汗そのものが臭うのですが、汗の量自体が減ることによってこうしたニオイも減らすことができます。そして何より、脇の強烈なニオイのもとになるアポクリン腺という汗腺から出る汗、この汗すらも抑制してニオイを防ぐことができますので、効果はてきめんです。

 

アポクリン腺が多かったり大きかったりすることで、ワキガという体質になるそうですので、ワキガの方にもクリアネオは有効なのです。

 

植物由来エキスが内側からニオイを除去

クリアネオには、植物由来のエキスが数多く配合されていて、それらが体の内側から汗を抑え、嫌なニオイを打ち消してくれます。柿渋エキス、セージエキス、シャクヤクエキス、アマチャエキス、ユキノシタエキス、海藻エキス、ドクダミエキスといった顔ぶれですが、これらは体のめぐりを良くして老廃物の除去を促してくれます。

 

また、柿渋エキスは人間の体臭の原因を97%以上除去するといわれる防臭植物で、昔から柿の葉っぱは防臭効果が高いとしていろんな場面で使われています。こうした成分が体の中のニオイの原因にまでアプローチするので、ただ外側の雑菌を退治するだけでは終わらないのですね。

 

>>>クリアネオの体験レビュー