デトランス@ 成分から分析した効果

デンマークで生まれたデオドラントジェル「デトランスα」ですが、どのような成分によってその効能を生み出しているのでしょうか。

 

制汗&防臭効果の「塩化アルミニウム」

デトランスαを使う最大のメリットは、気になる脇汗やニオイを抑えてくれること。このデトランスαの効果を生み出す成分こそが、多汗症治療の薬剤にも配合されている塩化アルミニウムです。

 

塩化アルミニウムは汗腺を塞いで汗の分泌を抑える効果がありますが、皮膚への刺激が強いために、濃度によっては皮膚にかゆみや湿疹をもたらします。また、あまり濃度が薄すぎても効果が見えないこともあるそうです。

 

日本国内でも一部の制汗剤に入っていることがあります。また、防腐剤として塩化アルミニウムは利用されることもあり、殺菌・消毒効果が高いため、皮膚の上の雑菌から発生するニオイを防ぎます。この雑菌から来るニオイも体臭のひとつの元ですから、デトランスαによって汗のニオイも体臭も防ぐ効果が得られます。

 

低刺激を意識


塩化アルミニウムは基本的に刺激が強いので、敏感肌や肌の調子が悪いときは避けた方が無難だと言われています。しかし、デトランス@は香料を使っていないなど、低刺激にも配慮した作りですから、このデトランスαはある程度の敏感肌でも使用可能であるとされています。

 

ただ、一度使ったら、間にはもう少し効果の弱い他のケア用品をはさむ、といった使い方をするなど、工夫が必要なようです。

 

とはいえ、日本のこうしたケア製品では無添加無香料が当たり前で、天然成分を豊富に含んだものが多いのに対し、成分の多くが化合物になりますから、国産の高級ケア製品と比べると刺激は強く感じてしまうかもしれません。

 

>>>デトランス@の体験レビュー

 

 

a