あせしらず 成分から分析した効果

カリウム

「あせしらず」のモットーは、身体の中に蓄積した要らない熱を外に出して、発汗を抑える事です。ですから、要らない熱や水分を出す作用のある「カリウム」を濃密度で入れてあるのです。例えば、1か月適切に使うと150粒飲む事になりますが、それだけで1か月でトマト105個分のカリウムが摂取できる算出になります。

 

夏野菜などに豊富に含まれているカリウムをたっぷり含んだ「あせしらず」なら、要らない熱や水分だけでなく、老廃物の効率的な排出も望めます。もともと発汗は体温の制御のための現象ですから、発汗量を制御するためには、発汗から離れた手立てで体温を制御する事も欠かせないのです。

 

 

GABA

緊張やストレスを軽減するアミノ酸の1つであり、植物や人体の中にあります。「自然のリラックス成分」という別名もあり、チョコ等に入っている事でも知られています。リラックス作用によるストレスの軽減が望めます。

 

ちなみに、緊張やストレスが原因の発汗を「精神性発汗」と言います。気温などとは関係なく発汗が起きる、自律神経の崩れが原因の症状です。自然成分のGABAがたくさん入っている「あせしらず」ならば、自律神経を安定させる事が可能です。その結果、精神性発汗が起きにくくなるはずです。

 

 

プエラリアミリフィカ

女性だと、ホルモンバランスの崩れから発汗が起きる事もあります。そのような発汗のために、あせしらずにはプエラリアミリフィカが入れてあるのです。女性ホルモンと同じような動きを見せる成分であり、足りなくなりがちなエストロゲンを確保するなどして、女性ホルモンのバランスを取ってくれます。

 

同様の効果のある成分としては、大豆イソフラボンの知名度が高いですが、プエラリアミリフィカには大豆イソフラボンの40倍前後の効き目があると見られています。

 

そして女性ホルモンのバランスが取れれば、汗関連以外にも、身体中の色々な美容や健康状態も向上します。「女性のための成分」と表現できそうですね。

 

 

渋柿エキス

人体の内部で発生するほぼ10割の臭いを、大元から抑制する作用のある成分です。「あせしらず」にはこの渋柿エキスが入っていますから、何が汗の臭いの起因であっても、その悩ましい臭いを根っ子からカットする事が可能です。悪臭の元凶を体の中で抑制し、発汗量を減らしてくれる、優秀な臭いケア成分です。

 

カリウムの力で顔汗を止める↓↓
あせしらず